おかげさまで職歴30年、総施工件数1,000棟以上

塗料について

各塗料の特徴を説明します。


塗装に使う塗料にも様々な種類があり、用途によっておすすめする塗料が違ってきます。
このページでは各塗料の特徴、耐久年数、メリット・デメリットなどについて詳しく説明していきますので、お家の塗装をお考えの方はぜひご参考にしてください。

ペンキ

ウレタン塗料

ウレタン系樹脂を主成分とした塗料のことを指します。 価格が安く、汎用性も高いことから、一昔前まではウレタン塗料がよく使われ、本当に良い塗料とも言われていました。また、ウレタン系樹脂はプラスチックや鉄板、トタン等の塗装に優れているため、公共物件の外部鉄部塗装、工場やテナント・集合住宅などにおすすめな塗料です。 ただし、耐久年数がほかの塗料と比べて低いので、一般住宅にはあまりおすすめしません。

リスト
プラスチックや鉄板、トタンなどの外部鉄部塗装
リスト
工場やテナント、集合住宅におすすめ
リスト
他の塗料と比べて価格が安い

耐久年数:5年~8年

ウレタン塗料
木製建具などの塗装にもおすすめ


シリコン塗料

シリコン系樹脂を主成分とした塗料のことを指します。 最近の塗装業界で、お客様に一番人気が高い塗料がシリコン塗料です。ここ10年くらいは約半数のお客様がこのシリコン塗料を使用して塗装をしてもらっています。機能性が高いながらも価格はリーズナブルで、一番バランスが良い塗料かもしれません。 ただし、同じシリコン塗料でも、水性・油性があり、それぞれ耐久年数に大きな差が出てしまいますので注意が必要です。

リスト
塗装部分に合わせて使い分けが可能
リスト
ここ最近の人気の塗料
リスト
同じシリコン塗料でも水性・油性があるので注意

耐久年数:12年~15年

シリコン塗料
種類によって大きな差があるので注意


フッ素塗料

フッ素系樹脂を主成分とした塗料のことを指します。今はフッ素加工された料理器具などもたくさんあります。 他の塗料と比べ、高性能であり、耐久年数も長いのですが、塗料としては高価すぎて、故に高級住宅や高層ビル等の塗装にしか使用されていませんでした。しかし、メーカーの企業努力が実ったのか、最近ではハイクオリティー・ローコストを実現しており、多くの一般住宅にも塗装されるようになりました。当社としては一番おすすめの塗料で、価格も「思ったより高くなかった」と評判です。

各塗料メーカーはシリコン樹脂やフッ素樹脂が1%でも添加されていれば、シリコン樹脂・フッ素樹脂と販売してきます。業者によっては、それをシリコン塗装・フッ素塗装とうたって、お客様におすすめしてくることもありますので、必ず確認をお願いいたします。 当社では、しっかりとした塗料を職人が責任を持って施工しますので、ご安心ください。

リスト
他の塗料と比べ、高性能・耐久年数も長い
リスト
最近では以前よりお求めやすい価格に
リスト
当社おすすめの塗料

耐久年数:17年~20年

フッ素塗料
有名な高層ビルの塗装にも使われる高性能塗料


無機塗料(ハイブリット塗料)

塗料には有機塗料と無機塗料があり、その違いは主成分です。無機塗料の主成分は「鉱物」ですが、最近の無機塗料は有機物が混ざっているハイブリット塗料がほとんどなため、完全な無機塗料と呼ばれるものは少ないです。 無機塗料は耐候性が高い=紫外線に強いため、燃えにくい塗料となっています。また、有機物を含む量が他の塗料と比べて、少なくなるため、カビやコケの発生がしにくくなります。以上の点から、必然的に耐久年数も長くなってきますが、有機塗料と比べると伸縮性に劣るためヒビ割れが起きやすく、塗装箇所が限られているのが現状です。

無機塗料は様々な機能性が高いため、価格は高くなります。また、塗膜が硬いためにヒビ割れが起きやすいですが、当社では職人の熟練した技術力により、ヒビ割れが極力起きないよう、塗装していきます。

リスト
耐候性が高く紫外線に強いため、様々な機能性が高い
リスト
価格は他と比べると高くなる
リスト
合う下地と合わない下地がある

耐久年数:20年以上

無機塗料
燃えにくいなど、様々な機能性が高い


お問い合わせはこちらから TEL:0120-976-648 受付時間:平日9:00~18:00